• 熱交換器の利用と原理

    熱交換器は高い温度の熱を、低い温度側へ移動させることをいいます。

    熱エネルギーはどのような状態であっても、温度が高い側から低い側にしか移動しません。

    この物理的原則を利用するのが熱交換器になります。


    日常生活で使われている有名なものですとエアコンがあります。
    エアコンは温めることも冷やすことも可能です。


    エアコン内部には循環するためのガスがあり、そのガスを使い熱の移動を行います。
    暖めるときには、室外機を使い外気から熱エネルギーを得て室内を暖めます。
    冷やすときには、外気に熱を放出することで室内の温度を下げます。

    熱交換器のココだけの話をしましょう。

    冷蔵庫は冷やすだけですが、エアコンと同じように外へ熱を放出することによって冷蔵庫内部の温度を下げます。


    冷蔵庫の側面や裏面を触るとわずかに温かいのは、冷蔵庫内部の熱を外へ放出しているからです。



    車の場合ですと、高温になったエンジンが焼きつかないようにラジエーターを使い熱を外へ放出します。


    この場合の熱交換器はエンジンを正常に保つための機能を果します。
    動力を得る場合などには、作動することによって発生する熱を逃がすことで正常に運転できるようにするものが多く有ります。熱を利用するための熱交換器を利用する施設に、発電所での発電もあります。



    重油を燃やし水を温めますが、その際熱を効率よく水に伝え水蒸気にします。


    高圧になった水蒸気を利用しタービンを回転させ発電機を回すことで電気をおこします。


    このように、日常生活から産業までさまざまな所で熱交換器が利用されています。