• 熱交換器は様々な場面で応用されています

    熱交換器と聞くとエアコンを思い浮かべる人が多いものですが、私たちの身近なところで様々な用途に利用されていることはあまり知られていません。

    特に現代の製造業においては熱交換器は必要不可欠なものとなっており、製造工程の効率化や安全対策等において非常に重要な役割を担っています。

    熱交換器を利用してみる価値はありますよ。

    工場においてものを作る際には、熱はほとんどの場合発生するものです。

    しかしその熱をそのまま放置しておくと製品に大きな影響が出るばかりでなく、これを製造するための機器にも大きな影響を及ぼします。



    そのため工場においてはいかに発生する熱を抑え効率的に冷却するかが作業効率を左右する大きな課題となっています。

    熱交換器の原理は、熱を吸収する流体を使用し、その流体の熱を別の流体に移すことによって冷却する方法が一般的です。
    そのため多くの工場は製造機器の周囲に冷却のための流体の配管を巡らせ、効率的に冷却する方法をとっています。

    さらに熱を帯びたこれらの流体を別の流体と交差させることで冷却用の流体の温度を下げ、機器の冷却に再利用すると言う2段構造になっている場合も少なくありません。

    また熱交換器が活躍する場面として、自動車のエンジンがあります。


    エンジンを冷やすために冷却水を使用しているのは多くの人が知っていますが、これは熱交換器の1種として利用されています。

    また、高温の排気ガスを冷却したり、ターボエンジンに代表される排気ガスの再利用を効率的に行う際にも必要な温度まで冷却する手段として利用されています。